AMD FX 8300 と PhenomⅡX6 1055T比較ベンチマーク

公開日: : TIPS

amd-fx-processorAMD PhenomⅡX6 1055TからFX8300に換装しましたので、ベンチをば。

CPU-Zでの確認。CPU。

電圧、コア数、クロック、キャッシュなど多くの項目が変わっています。

おや、FXのコアスピードが変ですね。1400MHz(1396MHz)しか出ていません。

おやおや、1055Tのコアスピードも800MHz(798MHz)しかでていません。

全力でアイドリング状態のようです。

#働かせながら撮ればよかったと反省。

FX8300.CPU-Z-CPU1055T.CPU-Z-CPU

キャッシュ。

コア数の変更(6→8)とキャッシュサイズも変わりました。

FX8300.CPU-Z-Cache 1055T.CPU-Z-Caches

メインボード。

FX8300.CPU-Z-Mainboard1055T.CPU-Z-Mainboard

メモリ。

ノースブリッジの動作周波数(NB Frequency)が少々変わっています。誤差かな。

FX8300.CPU-Z-Memory1055T.CPU-Z-Memory

SPD

メモリに登録されている動作情報です。

FX8300.CPU-Z-SPD1055T.CPU-Z-SPD

グラフィック

グラボも変わっていませんから、変化はありません。

FX8300.CPU-Z-Graphics1055T.CPU-Z-Graphics

次にベンチ

ALU(四則演算や論理演算など算術的な処理を行う回路)の性能が伸びていますね。

FX8300.CristalMark-ALU1055T.CristalMark-ALU

FPU(浮動小数点演算処理装置)はそれほど変わりません。

FX8300.CristalMark-FPU1055T.CristalMark-FPU

メモリ速度が大きく向上しています。

PhenomⅡではPC3-10600 (DDR3-1333MHz)で使っていたメモリですが、AMD FXはPC3-15000(DDR3-1866)まで対応しています。ただしこれはOCの場合で、定格はPC3-10600です。つまり変わっていません。

この向上はおそらくキャッシュのおかげでしょう。

FX8300.CristalMark-MEM1055T.CristalMark-MEM

HDDには変更はありません。数値の違いは誤差でしょう。

 

FX8300.CristalMark-HDD1055T.CristalMark-HDD

以下グラフィックです。こちらも変更はありません。

FX8300.CristalMark-GDI1055T.CristalMark-GDI

FX8300.CristalMark-D2D1055T.CristalMark-D2D

FX8300.CristalMark-OGL1055T.CristalMark-OGL

実際の動作で計測してみましょう。

30分程度のHDサイズのMPEGを24分に切り貼り編集してみました。

4分9秒だった変換が、4分23秒に伸びている!...なぜかなぁ。コアクロックが本気じゃないのかなぁ。

FX8300.MPEG-Encode 1055T.MPEG-Encode

MPEGをDVDに変換です。今度は動画のサイズやエンコード形式の変更があります。

24分32秒かかっていた変換が21分38秒に短縮されました。こっちはコアクロックが本気動作したのか、それともCPU性能の向上が功を奏したのか。

FX8300.MPEGtoDVD 1055T.MPEGtoDVD

なかなか面白い結果になりました。

普段使いでも、きびきびと動作しているように感じます。

 

関連記事

no image
\\windows32\hal.dllをインストールし直してください とか...

<windows root>\\system32\hal.

no image
パソコンが焼けた場合の対処

パソコンが煙を出して止まってしまった。 ごくごくたまにしか遭遇し

amd-fx-processor
AMD FX 8300 と PhenomⅡX6 1055T比較ベンチマーク

AMD PhenomⅡX6 1055TからFX8300に換装しましたの

no image
CPUを交換する

AMD Phenom Ⅱ X6 1055Tを使っていましたが、さすがに

cpu
CPU

CPUに関する言葉と、CPU交換に気を付けた方がいい内容

→もっと見る

    PAGE TOP ↑